就職活動

【テレビ局員が教える】面接の理想的な服装&髪型

どうも!マスゴミテレビ局員Tです!
今日は「【テレビ局員が教える】面接の理想的な服装&髪型」を教えします。

テレビ業界の就職・転職活動では、面接で「とくに服装を指定されない場合」もあります。
そうなると、慣れない人には色々な疑問がわいてくることでしょう・・・

  • どのような服装でのぞむべきでしょうか?
  • ジャケパンスタイルはやめた方がいい?
  • 髪型は短い方がいいのかな?
  • 女性も髪を黒く染めるべき?

このような疑問に、面接官も経験しているテレビ局員が、その悩みにお答えします。

「あなたらしい服装」「自分らしい格好」の面接対策についてはコチラ

【テレビ局員が教える】面接で「あなたらしい服装」正解は?

どうも!マスゴミテレビ局員Tです! 今日は「【テレビ局員が教える】面接で「あなたらしい服装」正解は?」です。 テレビ局などのマスコミ業界、さらに一部の企業で最近 ...

続きを見る

■面接にふさわしい「服装」

先日の記事で、テレビ局には「スーツマスト」「私服でOK」「担当によってスーツ・私服が入り混じる」この3パータンの部署があるとお伝えしました。

【テレビ局員が教える】“服装&髪型”のリアルな実態(AD・ディレクター)

どうも!マスゴミテレビ局員Tです! 今日は「【テレビ局員が教える】“服装&髪型”のリアルな実態(AD・ディレクター)」です。 就活・転職をしている人の中には、 ...

続きを見る

では就職活動で受験生はどのような服装でのぞむべきでしょうか?

ハッキリ言います、「スーツ」が無難です。

男女共にスーツが無難ですね。
理由は簡単。テレビ局にも「服装にうるさいじじい」は必ずいるからです。

テレビ局は就活生が思っているより、ちゃんとした会社です。

Tも就職活動でそれを知って驚きました。
テレビ局は服装も髪型も自由でテキトーな会社」という印象でしたから。

どの面接で「うるさいじじい」に当たるか分からないので、スーツにしておきましょう。

ちなみにうるさいじじいは、面接が進むほど多くなります。
テレビ局の面接は、後になるほど偉い人が出てくるので、古い価値観の人間がどんどん多くなります。

さらに面接官も様々なバックグラウンドを持っています。
制作が長い人間は「個性的な人間」や「社会性は欠落してるけどおもしろいやつ」に寛容ですが、報道や営業が長い方から見ればどうでしょう?

面接もテレビと同じなんです。
幅広い視聴者(面接官)に愛されないといけません。
服装で変に個性を出して、嫌われたらもったいないですよ。

実際Tは就職活動の面接官もしていますが、大半の学生はスーツです。

これは希望部署関係ありません。
制作志望だろうが、スポーツ志望だろうがスーツの方が良いでしょう。

■どんなスーツがいいのか?

ではどんなスーツがいいのでしょうか?
応えはシンプルです。

セットアップならなんでもいい

地味なリクルートスーツ、もちろんOKです。
明るめの紺色やグレー、別にOKです。

テレビ局の面接官で「色」にうるさい人って見たことありません。

女性は「パンツ」か「スカート」かで悩むかもしれませんが、これもどっちでもいいです。
自分が似合う方、好きな方を選んで問題ありません。

標準的なセットアップなら、「白やゴールドのような派手すぎるもの以外」は問題ありません。
受験生の中には「ベスト着用の方」や「ネクタイだけオシャレにしてくる方」がいますが、むしろ好印象です。

無理に地味な色を選ばず、常識の範囲で自分に似合う色のスーツを着てくださいね。

■就活生の「ジャケパンスタイル」

また、たまに「ジャケパンスタイル」でのぞむ学生もいます。
別にダメじゃないんです。
ダメじゃないんですけど、Tはオススメしません。

なぜオススメしないか、理由はシンプルです。

大半の学生は似合ってないから

これにつきます。
自分ではオシャレなつもりなんでしょうけど、大半のジャケパン学生、ごめんなさい似合ってないです

そもそもリクルートスーツも似合っていない学生が大半です。
ただリクルートスーツやセットアップの場合は、不思議と似合ってなくても、「ほほえましい」印象なんです。

しかし、ジャケパンスタイルはちがいます。
間違ったジャケパンスタイルだと「調子に乗っている」「自意識過剰」「センスがない」こんな悪印象を与えかねません。

よっぽどオシャレに自信がある方以外は、普通のリクルートスーツの方が無難です。

もちろん違和感なく着こなせる方は、ジャケパンでも問題ありません。
むしろ、それだけで他の就活生と差別化がはかれるので、テレビ局のような目立ってなんぼの就活では有利なんですけどね。

あまりにも似合っていない学生が多いので・・・
自信のない方は、スーツではなく話す内容で勝負してください。

■「靴」にも注意が必要

面接官をしていると、靴が異常に気になる瞬間があります

面接はだいたい対面で座りますよね。
面接官の目線では、靴が思ってるより目立つんです。

色は黒だろうが茶色だろうが、ベルトと色を合わせていれば問題ありません。

問題なのは「汚い靴」です。
靴が汚い学生は、意外に多いのです。

特に黒の革靴は汚れがとても目立ちます。
就活の期間だけでも、革靴の手入れはきっちりやりましょう。
それだけで差がつきますよ。

特に熱く語ってくれる報道志望や営業志望の学生がいるのですが、靴が汚いだけで説得力は半減してしまいます。
すごくもったいないし、残念な気持ちになります。

また、年配の面接官だと、服装や髪型にはとくにこだわらないのに、靴にだけ異様にうるさい人もいます。
変な所で減点されないように、騙されたと思って靴を磨いてください。

■どんな髪型がいいのか?

テレビ局の面接でもスーツが無難だとお伝えしました。

では髪型はどうすればいいのでしょうか?
面接官も経験したTの結論は、

清潔感があればなんでもいい!

テレビ局の偉い人ってなぜか「髪型には寛容」なんですよね。
スーツさえ着てれば、最低限のマナーはクリアしていると見られます。

■男性の髪形

さすがに男性は「黒髪」がベター。
実際、茶髪や金髪で面接にのぞむ学生はほぼいません。

ただ、就活用に特別短くする必要はありません。
パーマだろうがアシンメトリーだろうがツーブロックだろうが問題なし。
清潔感さえあれば、どんな髪型でもいいと思います。
自分の好きな髪型で勝負してください。

ただ、普段の私服とスーツとではあなたの雰囲気がずいぶん変わります。
そのため、「スーツでも似合う髪型」を心掛けた方がいいかもしれませんね。

こだわりがない方は美容師に相談するといいですよ!
就活用というと、めちゃくちゃ短くダサくする美容師もいるので注意ですが。

何を隠そうTは近所の美容院で失敗され、自分史上一番ダサい「ほぼスポーツ刈り」で受験しました。
ミルクボーイの内海みたいな感じです。
これがプラスになったとは全く思いません。

■女性の髪形

女性は、男性ほど髪色について問われません。

面接官も男が多いですし、そんなに細かく言われることはありません。
ただ、よっぽど個性をアピールしたい場合以外は、暗めの色が無難です。

また髪型も男性とおなじく清潔感があれば何でもいいです
気合入れて巻き巻きにしてくる学生もいますが、その人のキャラにあっていれば問題ありません。

大学で「面接には髪を結んでいけ」と指導されるらしいですが、それも気にしなくていいですよ。

髪を結んでやる気スイッチが入る方は結べばいいです。
おでこを出した方が明るい自分が出せる方は出せばいいです。
ゆるフワな感じが一番自信があるならそうすればいいです。

■まとめ

いかがでしか?
最近の就活本は、面接の服装や髪型について必要以上に厳しいと思います。
テレビ局の面接では、最低限のマナーを守っていれば問題ありません。

キーワードは「清潔感」。

これでけ守っていれば、服装と髪型は心配いらないですよ!

「あなたらしい服装」「自分らしい格好」の面接対策についてはコチラ

【テレビ局員が教える】面接で「あなたらしい服装」正解は?

どうも!マスゴミテレビ局員Tです! 今日は「【テレビ局員が教える】面接で「あなたらしい服装」正解は?」です。 テレビ局などのマスコミ業界、さらに一部の企業で最近 ...

続きを見る

★その他テレビ局への就活向けの記事はコチラにまとめています

Twitterも是非フォローして下さい!@massgomitvman】 

急上昇の記事

-就職活動
-, ,

Copyright© マスゴミテレビ局員Tの独り言 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.